ホットヨガとセルフケアで相乗させるダイエット効果

このページを見ている方は、ホットヨガでダイエットしたい!と思っている方が多いと思います。ホットヨガは39度以上、40%近くの湿度の環境で大量の汗をかきます。
レッスン中はゆっくりとしたペースでポーズをとっていったり、呼吸法を学んだりします。これらがリラックス効果を与え、暴飲暴食やストレスを軽減し、さらにダイエットがしやすくなります。しかし、ホットヨガをやるだけでは痩せません。ホットヨガをやり続け、いつもと同じように好きなだけ食べてしまっては、現状維持はできるかもしれませんが、痩せることは難しいと思います。
ホットヨガを続けながら、どんなことに気をつければ良いのかご紹介していきたいと思います!

552dace8b668d3a874a464c5947bde0b_s

明確な目標と現状を知る
まず大事なことは現状を知ること、そしていつまでに何キロ痩せるかという目標を明確にすることです。
ホットヨガを始めた1週間はいつも通りの食生活をして、毎日携帯にメモ書き程度で良いので何を食べたのか記しておきましょう。視覚化することで気づかないうちに間食をとっていたり、食べ過ぎてしまっていることがあるのでまずは自覚することが大切です。
そして、現在からどれくらい痩せたいのか目標を決めます。あと半年でマイナス5キロ、1年で10キロのように細かく刻むと毎月どれくらいのペースで落とさなければならないのか分かるのでオススメです。
ホットヨガと日常生活のルールを決める
ホットヨガは慣れてきたら週に2回くらいのペースで通うのがオススメです。体が汗をかくことや動くことに慣れてきて、代謝が上がりやすくなり、さらに痩せやすい体を作ってくれます。
もし運動が苦手であれば、ホットヨガのレッスン以外は特に何もしなくて良いですが、朝起きたときと、寝る前のストレッチは欠かさず行いましょう。これが柔軟な体をつくり、歪んだ骨格を元の位置に戻してくれるようになります。体が正常な位置に戻ることで結果、痩せやすくなります。
食生活の注意点
食べたいものは食べたい、美味しいものが好き!という方に食を我慢するダイエットは辛いでしょう。食べたいものは今までと変わらず食べるようにして良いですが、これだけは守ってみましょう!
  1. 野菜から食べる
  2. 一口につき30回噛む
  3. 間食は袋から食べる分を出して残ったものはしまう
  4. 朝ごはんをしっかり食べる
  5. 夕飯は500mlの水と一緒にとる
この5つを実践してみてください。特に食べる時の注意ですね。量を変えなくても、食べ方を変えるだけで脳が自然と変わってきます。
・野菜から食べるのは炭水化物やタンパク質などを最初にとることで糖質や油分を吸収しやすくなってしまうからですね。
・一口につき30回噛むことで脳が「たくさん噛んでいるからたくさん食べているんだ」と勘違いをして、満腹になっていきます。
・また、間食をするときは袋から直接食べるのではなく、しっかりと分けることでダラダラ食べないようにします。
・朝ご飯は1日のうちに一番大事な食事です。朝を食べずにいきなりランチをしてしまうと、お腹や脳がビックリしてたくさん吸収してしまうのです。1日の始まりですから、好きなものをとりましょう。また、寝起きはまだ胃が活動していないので、できれば朝起きてから30分〜1時間は空けるようにしましょう。
・夕飯はお水と一緒に食べます。消化を良くすることと、お腹を満たすためです。水分をたくさんとることで便秘解消にもなります。次の日のお通じが変わってきます。
お腹が空いているときの救世主

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

食生活の改善、ホットヨガに通い続けることで3ヶ月後には少しずつ結果が見えてくると思います。ホットヨガではインナーマッスルも鍛えますので、体のライン引き締まってきます。痩せ始めた頃が要注意。油断してたくさん食べ過ぎてしまったり、レッスンをサボってしまったりするとすぐにリバウンドしてしまいます。
どうしてもお腹が空いた時はチアシードや酵素ジュースがおすすめ。栄養価が高い上にコップ1杯飲むだけでお腹はいっぱいになります。ホットヨガが終わった後や、置き換え朝食にもおすすめです。