ホットヨガとヨガは何が違うの?

最近では通常のヨガスタジオより、ホットヨガのスタジオがとても増えてきました。
これから始められる方はホットヨガの方がよりダイエット効果があり、魅力を感じられる方が多いと思いますが、それぞれの違いは何でしょうか?
ホットヨガとヨガの違い
通常のヨガはホットヨガと違い、常温でポーズをとっていきます。これに対し、ホットヨガは39度以上の室温、40%以上の湿度で行います。
ホットヨガでは外部から温められて体も温まるのですが、常温のヨガでは自ら体を温めていきます。
終わった後はホットヨガは大量の汗が出てリフレッシュできますが、常温のヨガはどちらかというとポカポカ暖かい状態。
運動をしたあとの爽快感を感じられるのはホットヨガです。動き方やポーズ、ヨガの流れはどちらもほぼ一緒ですので、どのような環境で行いたいのか、今一度自分の合っている方を確認しましょう。

045085

ホットヨガのメリットとデメリット
ホットヨガは常温のヨガに対して室温が高いので体が柔軟に動くようになります。そのため怪我のリスクも減り、体が硬い人も安心して行えます。また、温められることによって改善される冷え性の方にもおすすめ。常温のヨガはどうしても外の温度にも関係してくるため、冷え性で悩んでいる方は手足などは、冷えたままになってしまうことも。冷え性を根本から改善したい方にはホットヨガがおすすめです。

 

また、常温のヨガに対し、ホットヨガは湿度も高いため、肌に対しての保湿効果も得ることができます。さらに老廃物や余分な水分を排出することでデトックス効果も。
一見、ホットヨガの方が良い効果が得られそうな感じがしますが、実は温度が高いことでデメリットも。普段、サウナなど入って立ちくらみなど起こしやすい方は要注意。また体力の消耗もかなり早いので60分と設定されているところがほとんどですが、体力に自信がない方は60分でも少々つらいこともあります。つらくなったら無理をせずに、休憩、または退出するようにしましょう。
普段、高い温度に慣れていない方は、レッスン15分前くらいから体を慣らしておくことがおすすめです。ほとんどのスタジオで15分前くらいから入れるようになっているので早めに到着をしてストレッチなどして慣らしておきましょう。
ホットヨガとヨガはどっちが痩せる?
ホットヨガもヨガ、どちらもインナーマッスルを鍛えて筋肉量を増やし、代謝をアップさせる効果があります。
ホットヨガの方が高温のため、さらに基礎代謝をアップし発汗量が通常のヨガとは桁違いです。そのためデトックス効果が増すこと、むくみを取りやすいということでよりダイエット効果があるといえるでしょう。

 

どちらかというと、ホットヨガではないヨガは精神面での効果を重視しています。ダイエット効果よりも、ヨガを基本的なところから学びたい方、瞑想中心のヨガをやってみたいという方には通常のヨガがおすすめです。
まずはどちらも体験してみることがおすすめです。1日だけでも体験をしてみると、自分に合う・合わないヨガがわかってくるかと思います。