妊娠した管理人の実体験!妊活ヨガのアドバイス

ヨガ人口が増えるにつれ、ヨガは妊活にも良いと言う噂が出始めました。妊活している方は、藁をもすがる思いで試せるものは試したい、良いと聞いたものは何でもやるという思いだと思います。

 

しかし、残念ながらヨガをすることで必ず妊娠するというような科学的な根拠もありませんし、統計された公式な数字があるわけでもありません。
ただ何となく「ヨガは妊活にもいい」という言葉だけひとり歩きしているようにも感じます。

 

そんな私もかつて妊活をしていました。ホットヨガを始めて結果的に妊活に良かったと思うことがあったので、体験談を書かせていただこうと思います。
すぐに妊娠すると思っていた日々
ヨガを始める2年ほど前くらいでしょうか。結婚を機に仕事を正社員からパートタイマーに変え、早く子供が欲しかったし、お互いの両親も孫の顔を楽しみにしていたのですぐに子作りをすることに決めていました。

 

最初は特に体温なども測らず、「授かりものだし、いつかできるでしょう〜」と気楽に考えていました。自分はすぐに妊娠すると思い込んでいたんですね。ところがなかなか妊娠しない。
1年経った頃、少しずつ何とも言えない不安がよぎり、そこから「妊活」にようやく励むようになりました。まずは毎日体温を測ること、運任せにしないこと、病院に行くこと。スタートラインに立ち、意気込んでいました。
妊娠しないのは自分のせいだと思い込んでいた日々
妊活を続けていく中で、年齢も29歳とあって、周りの友人などは次々に妊娠をし、出産ラッシュとなりました。「おめでとう!」と口に出していたものの、心の中では複雑でドロドロした感情が湧き上がっていました。「どうして私は妊娠しないのだろう・・・」そう思って、不安な毎日、仕事にも集中できないし、家に帰ってきてからは夫にも優しくなれず、夫婦関係も悪化していきました。

 

妊娠しないことが自分のせいだと思い、お互いの両親に顔を合わせるのもだんだん嫌になってきました。別に責められるわけでもないのに、何となく空気を察して何も言われないことが逆に気持ち悪かったりしました。悪気のない祖母からは「早く孫の顔が見たいな〜」なんて言われて、本当に心臓がバクバクしたのを覚えています。
新しい光
ノイローゼ気味だった私は「このままじゃいけないな」と思いました。人を憎み、自分を恨み、毎日が楽しくない。子供をつくることしか考えていない。自分の幸せはどこに行ってしまったのか。結婚したときは夫と二人の生活も楽しかったのではないか。
そう思って、こんな日々とはサヨナラしようと決めたのです。
そんなとき、私の友人が勧めてくれたのがホットヨガでした。とにかく何でもいいから妊活のことを忘れて、新しいことをしたいなっと思っていたので、まずは友人の通っていたホットヨガ教室に体験に行きました。

 

リラックス系のクラスに行ったのですが、終わったあと、すごくリフレッシュできたこと、ホットヨガをやっているときは自分に向き合えたこと、自分の幸せ・周りの幸せを考えられたこと。久しぶりに満たされた気持ちになり、帰り道にはポロポロと涙が出てきました。今まで我慢していたものが、すーっと消えていくような感じがして、涙と一緒に自分の中にあった悪の心を浄化できたような気がします。そこで、「ああ・・ヨガってすごいな・・」って思いました。ポーズをとって体を柔軟にしたり、ダイエット効果があったり、リラックス効果があったりしますが、やっぱり一番は自分をベストな状態に導いてくれることです。
妊娠
そして通うことに決め、ヨガを始めてからは夢中になり、妊活のことはほぼ諦め、もういいやって思えるまでになりました。心に余裕ができたのでしょうね。子供のことも忘れて、とにかく自分をいたわること、自分が楽しいって思えること、余裕を持って人に接することができるようになった時、本当にまぐれだと思いますが、妊娠が発覚しました。

 

ホットヨガには血行を良くしたり、冷え症改善、自律神経を整えるなど妊活にも良いことだらけなのですが、やはり「心のゆとり」というものが一番大きく絡んでくるのではないかと思います。他のことに目を向けてみる。一旦、妊活から離れる。こうすることで、余裕が生まれ、妊娠へと繋がったのではないかと思います。

 

得体の知れない不安があるのはみんな一緒です。だけど、一度自分の心に余裕を持ってみてください。きっと周りの世界が変わって、また新しい世界が広がり、まずは自分が幸せであることに気がつくと思います。みなさまが、どうか楽しい妊活ライフが送れますように・・・。